いつも心にタイスマイル

AFSでタイ留学中高校生の奮闘日記。南部プラチュアップキーリーカンで大自然を満喫中。タイ語くんは最大のライバル。

留学中ファミリーチェンジ考える時のチェックポイント


「どこまで不満が溜まったらファミリーチェンジをしていいんだろう。」
そう悩んでいる全ての留学生へ。

私はファミリーチェンジをしました。同じ学校でファミリーが見つからなかったため、スクールチェンジもすることになりました。

1つ後悔していることがあります。それはチェンジを決めたのが遅すぎたこと。

私はファミリーチェンジを悩み始めてからチェンジするまでの2ヶ月、鬱状態でした。

毎日家で泣いて、何をしようにも気力が起きなくて。ただひたすら辛かった。一日中落ち込んでいた。けれど、周りの大人には理解してもらえなかった。

f:id:lila2332:20160304200705j:image

もうこんな人を増やしたくない。ファミリーチェンジで悩んでいる人を少しでも支えたい。悩みを減らしたい。私の思いはただそれだけ。


この記事はファミリーチェンジを推奨する訳ではありません。また国や個々の事情により変わってくるので、はっきりとしたことは言えません。
参考程度として使っていただけると嬉しいです。



今のファミリーと上手くいかないところ

なぜあなたはファミリーチェンジを考えていますか?ファミリーのどこが気になっていますか?

□家族の誰かから嫌われている

f:id:lila2332:20160304201708j:image

あなたは誰から嫌われていますか?

マザー?ファザー?シスター?ブラザー?

マザーから嫌われた場合、他の家族からも好きになってもらえる可能性はかなり低いでしょう。マザーは家庭の大黒柱。彼女の協力が消えれば、何かと不都合が起こります。

マザーの不満を汲み取り、また関係を築くことができるかどうかはとても重要なポイント。
家族と1回大きな話し合いを持ってみるのも良いでしょう。

シスター、ブラザーに嫌われた場合は難しい判断を迫られます。
外からの圧力を使ってブラザー、シスターを変えるのが1番理想。けれどそう上手くもいかない。

本人と直接話したり、周りへ全力でSOSを出しながら、自分なりに仲良くなるよう努力してみましょう。


□家族が家族として機能していない

f:id:lila2332:20160304201425j:image

両親の不仲や家族同士での無関心が起こっていると、家の空気はギシギシ軋みます。

影響はもちろん留学生にも及びます。親が怖くなったり、家族としてのアクティビティーがないことで閉じこもりがちになったり。

留学する時点で考えるべきリスクだからチェンジの理由にはならない、と言う人は多いです。

でも、ここから派生する悪影響はあまりにも大きい。外出の許可も出してもらえず、家にも居場所がない状態は悲劇。
しかも自分ではどうにも変えられない。

"家族状況が問題であること"ではなく"そこから派生する問題が多く、自分では解決できないこと"に重点を置き、周りの人と話しましょう。


□家で誰も喋らない

f:id:lila2332:20160304202118j:image

家族がスマホばかりを見るなど、誰とも喋らないことは語学上達の大きな妨げ。

まずは、自分から積極的に話しかけてみましょう。今日学校であったことを話すのを義務にしたり。

自分が話そうとしているを嫌がられたら…それが家族の歪んでしまった形なのでしょう。


□休日外に連れて行ってくれない。家族でどこに出掛ける訳でもない。けれど友達と遊びに行くと嫌な顔をする。

f:id:lila2332:20160304201843j:image

まずはホストと話しましょう。ホストが外に連れて行ってくれるのが一番。それが無理ならホストの目を気にしつつ、できるだけ外へ出ましょう。

知らない世界を知りに来たのに、家に閉じ込められるのは、苦痛でしかありません。いつか限界がきます。


□家族が自分の悪口を言っている

f:id:lila2332:20160304202455j:image

それは愚痴ですか?悪口ですか?
少数の人に少しだけ言っているなら愚痴でしょう。ホストファミリーだってストレスは溜まります。愚痴の内容を改善できるなら改善し、そこまで気にしないのが良いでしょう。

多数の人にたくさん、嘘や誇張も言われていたら悪口でしょう。それって大げさじゃないの?と思った時は要注意。これからも大げさに言われ続ける可能性が高いです。

ずっと大げさな悪口を耐えられるならばいいけれど、大半の人はそうではないのでは。
自分の悪口を言う人と一緒にいて、幸せになれますか?


□家族が自分をどう扱っていいか理解できていない

お客さんのような、どこかよそよそしい態度を取られ続けていませんか。

まずは自分からもっと喋り掛けたり、ゲームをしたり、仲良くなれるようにしましょう。


□家族が自分を放置していて、いつも1人

f:id:lila2332:20160304201241j:image

外に出ましょう。部活や習い事を始めたり、友達から語学を教えてもらったり。

ただ、食事を与えられなくなった場合は重症です。日々の食事すら脅えて生きる状況になったなら、一刻も早くファミリーを変えるべき。


□暴力を振るわれる

危険すぎる状態です。それは本当に愛なんですか?


チェックの数が多い場合
ファミリーチェンジを考えた方が良いのかもしれません。

帰国するまでの数ヶ月間、耐えられるかどうか。自分で判断して下さい。

今耐えられていても、しばらく後にプツリと糸が切れたように、耐えられなくなることがあります。

ファミリーチェンジは後ろ向きの言葉じゃない。前を向くための手段だから。



自分の反省をする

f:id:lila2332:20160304203234j:image

どこが悪くて今の結果に至ったのか、反省をしましょう。ホストファミリーばかりに責任を押し付けるのはよくありません。

自分の悪いところを直さずにファミリーチェンジをしても、また同じ問題が繰り返されて、悩むだけ。

ファミリーと気が合わなかった、ファミリーに問題があった、と言ってチェンジをするのは何の問題解決にもなりません。

□ファミリーを怒らせていたことはあるか

もしあるならば、次のファミリーも嫌な気分になる可能性が大です。


□お手伝いは足りていたか

恩返しとして、お皿洗い、掃除、洗濯は積極的に手伝いましょう。


□自分から積極的に話しかけていたか

「ファミリーが喋ってくれない」と言いたくもなりますが、自分から喋ることも必要です。


□ネットばかりしていなかったか

つい寂しくなって、ネットばかりしていませんでしたか?スマホばかり見ずに、家族に話しかけましょう。


□自分の部屋にこもっていなかったか

部屋にこもっていると、ファミリーも話しかけ辛くなります。コミュニケーションの妨げになるため、なるべくリビングや他の人の部屋で一緒に過ごすなどしましょう。


必ず自分に関する改善策を考えてから、チェンジをしましょう。改善策を考えないチェンジは意味がありません。



ファミリーチェンジを決めるまでにしてほしいこと

f:id:lila2332:20160304203547j:image


□ファミリーチェンジの責任者に相談する

ファミリーチェンジを決めてから相談しても、よほど大きい理由以外では反対されます。
説得するのに時間がかかる可能性があるので、定期的に不満や心配事を話しておきましょう。

責任者が信頼出来なければ、他の大人でもいいでしょう。大人を説得できれば、その人が責任者に説明することができ、一早い理解につながります。


□リスクがあることを理解する

新しいファミリーが良い可能性ばかりではありません。今より悪くなる可能性も十分あります。リスクを取ってもいいのか、きちんと考えましょう。

リスクを取ることにしたら、後ろは振り向かない。未来に希望を持って進んでください。きっとあなたのための良いファミリーが待ってるから。


□長い期間の方が仲良くなれることを自覚する

新しいホストに変えるということは、一緒にいられる期間が短くなること。深く仲良くなることはできないかもしれません。


□何回までファミリーチェンジが可能なのか確認する

国や留学機関によって可能回数は違います。

私は1回まで(2回目のチェンジ先は日本)でした。誓約書にもサインさせられました。

1回もチェンジを許してくれない機関もあるかもしれません。必ず確認してからチェンジを決めてください。


□今のファミリーとの絶縁を覚悟する

ファミリーチェンジは、ファミリーへの不満が原因で起こるもの。
不満の原因を知った時、ファミリーが怒る可能性は大いにあります。

また、学校などの関わりが無ければ顔を合わせる機会も0。

今のファミリーとは絶縁を覚悟しましょう。



最後に…

どんなにファミリーがあなたのことを嫌っても、自分を責めすぎないで。
悪いのは環境です。偶然に偶然が重なった環境が悪いだけなのです。

f:id:lila2332:20160304201200j:image

辛い経験を乗り越えて、困っている人に手を差し伸べる、優しい人になってください。

幸運をお祈りします。