いつも心にタイスマイル

AFSでタイ留学中高校生の奮闘日記。南部プラチュアップキーリーカンで大自然を満喫中。タイ語くんは最大のライバル。

留学に向いている性格って?


留学を考える時、ついつい不安になってしまうのが、留学への適・不適な性格。

「こんな私で大丈夫か…?」と考えることもあるでしょう。


f:id:lila2332:20160225160319j:image


今まで見てきた限りだと、高校留学をする人は、概ね2つの性格のどちらかを持っています。(どちらも持っている人もいます)

このどちらかの性格を持っている人は留学に対して適正を持っていると言えるでしょう。



1.全力で楽しみたい!派

・コミュニケーション能力が高い
・協調性を持っている
・常に明るい
・友達が多い
・人としゃべるのが好きだ


f:id:lila2332:20160225160353j:image


これらの性格を持つ人は、家族や友達とすぐ打ち解けられる性格であり、どんな環境でも何とかやっていける力があります。

欲しいと思っても得られない性格なので、コミュニケーション下手としては羨ましい限り…

一方ただ楽しむだけで、学びを勝ち取らずに留学を終えてしまうというリスクもあります。きちんと学びの目標を立てることが大切。



2.違う環境から学びたい派

・目標がある
・視野を広げたい
・自分から積極的に行動する
・何かに集中して熱くなる
・興味のあることを学ぶのが好き


f:id:lila2332:20160225160552j:image


自分を高めようと留学する人たちは、他の国で語学や異文化を広く学ぶことを目的としています。

1の性格がない場合、現地での適応は少し大変かもしれません。その場合は、自分から毎日家族に話しかけるなど、心の中でルールを作るのが良いでしょう。


1の性格は生まれつきによる物が大きいかと思うけど、2は誰でもできること。どっちも持っているに越したことは無いけれど、どちらか持っていれば十分留学適正があると言えるでしょう。

この2つのどちらも持っていない場合、留学するのは少し大変かも。"なんとなく…"では乗り越えられない大変なことがたくさん起こるから。



結論

いろいろ言ってきましたが、どうしても留学したくしたくて仕方が無い!という人は、どんな人でも留学に向いていると思います。

メリット、デメリットを考え、それでもやる気があるのならば、ぜひチャレンジするべき。


事実私はコミュニケーション能力が低い上協調性が無いという、異文化理解に関して絶望的な性格を持っています(笑

大変なことも多かったけれど、多くの学びを得る良い機会だったと自信を持って言えます。相変わらず友達付き合いは下手なままだけどね。


この記事を読んでも不安なあなた。ぜひ留学中絶対達成したいと目標を1つ見つけましょう!
心から達成したい目標があるのなら、十分留学の素質がありますよ。

広告を非表示にする