いつも心にタイスマイル

AFSでタイ留学中高校生の奮闘日記。南部プラチュアップキーリーカンで大自然を満喫中。タイ語くんは最大のライバル。

タイ90日レポートは出頭・郵送・ネットの3つから選ぼう


タイに住む外国人は、最新の住所報告のため、イミグレーションに90日レポート(90日通告)を提出しなくてはいけません。

f:id:lila2332:20160214171826j:image


90日レポートとは?

英語名称 Notification of staying in the Kingdom over 90 days

タイに継続して90日以上滞在する外国人の住所のチェックを目的としています。

レポートを提出しなかった場合

出国時やビザの更新時に、2000バーツの罰金が課されます。
検問等で見つかった場合、日数×200バーツ+5000バーツが課せられます。


90日レポートの前に…

自分の地域の管轄のイミグレーションを知ろう!

住んでいる地域の管轄のイミグレーション以外ではできません!(例:バンコクに住んでいる人がチェンマイで行うことはできません)

近所の外国人や、外国人の扱い慣れしているタイ人に聞くのが確実。それでも分からない場合、こちらのサイトから探しましょう。(英語です)



レポートの提出期限を知ろう!

入国日・前回の90日レポート時から90日目がいつかを確認しましゃう。(方法によって受付期間は変わります)

1度出国した場合、日数のカウントは1からに戻ります。


レポートのやり方は全部で3種類!便利なやり方をお使いください。


出頭する

準備するもの

・パスポート

注意事項

・代理人出頭可
・15日前〜7日後まで受け付け

1.管轄のイミグレーションに向かいます。

2.イミグレーションにTM47という紙が置いてあるので、記入しましょう。

3.順番を待ちます。バンコクだと人が多い…

4.順番になったらパスポートとTM47を提出する。

f:id:lila2332:20160214173116j:image

これだけ!なーんだ、簡単じゃん!

ただ、平日昼間にイミグレーションまで行く労力は大変。さらに地方に行くと、県内にイミグレーションが無い場合もあります。

その時便利なのが以下の方法!


郵送する

準備するもの

・パスポートのコピー(顔写真のページ、ビザのページ、ビザ更新の入国スタンプが押されているページ)
・TM6、通称出国カード(パスポートにホチキスで留めてある場合が多い)
・前回の90日レポートの受領証(あれば)
・記入済みのTM47(PDFダウンロードはから)
・自分の住所を記入し、10バーツの切手を貼ったもの

注意事項

・90日目から数えて、15日以上前の発送しか受け付けません

1.全ての"準備するもの"を封筒に入れ、郵便局で書留で送る。(EMSも記録が付くため可)

2.新しい90日レポート完了の紙が届くまで、前のレポートのコピーと郵便局レシートを保管しておく。

3.もし1カ月たっても返信が来なければ、2を持ってイミグレーションに出向く。


f:id:lila2332:20160214172203j:image

ただし、地方のイミグレーションの場合、住所がネットに載っていない可能性があります。
その時は最終手段!


ネットでする

準備するもの

・パスポート
Internet Explorerを使えるパソコン

注意事項

・90日目から数えて、15〜7日前のみ申請可能

1.以下のサイトにアクセスし、必要事項を記入する。(Internet Explorerでしか開けません)

f:id:lila2332:20160214171900j:image


90日レポートは正直言って面倒くさいです。
ただ、バンコク爆弾テロのことを思い出すと、当局にきちんと協力しなきゃだな、と思わされます。



こちらもお読みください