いつも心にタイスマイル

AFSでタイ留学中高校生の奮闘日記。南部プラチュアップキーリーカンで大自然を満喫中。タイ語くんは最大のライバル。

タイで長距離バスに乗ることはトラブルが起きることである


9日間バンコク・ガンペーンペット(タイ北部の玄関口の県)遠征をしてきました

プラチュワップーバンコクは6時間
バンコクーガンペーンペットは5時間

良く言えば冒険が詰まった楽しい旅。
悪く言えばトラブりすぎな旅。

高速バストラブりすぎなんだよ


プラチュワップキーリーカン出発しまーす

もちろん行きは夜行バス
夜行乗るの怖いーキャーとか思ってた時期が懐かしいです
今は時間短縮できるから夜行大好き☆

f:id:lila2332:20160120222429j:image
車内の様子

出発時、隣に座る人がいなくて1人でめっちゃよろこんでたら、5分後に男の人が平然と乗ってきた
無念…

f:id:lila2332:20160120221643j:image

バンコク・サイタイマイバスターミナルに着いたのは朝4時前。
朝のバンコクは静かで光もまばら。
チャオプラヤ川を渡る時の眺めといったら。
自然と人工物と光が生み出した結晶なのです。

まあ、この2時間後には恐ろしい渋滞か待っているのさ…(遠い目)

f:id:lila2332:20160120222253j:image


ガンペーンペットに出発…できない

2日間バンコクを観光して、いざガンペーンペットへ。

もちろん私は一度も行ったことがない。
だがガンペーンペットに8ヶ月住んでいる友達が同乗するから安心なのだ。

タクシーに乗ってモチットバスターミナルに行ったらタイ人いたのにぼったくられました
移動計画段階の会話
チェンマイ行きのバスをガンペーンペットで途中下車する予定だから、どの時間帯でもバスはあるよねー」
友達「うん。会社たくさんあるしねー」

遅くならないために、3時のチェンマイ行きのバスに乗ることになった
バスターミナルでチケットを探す

f:id:lila2332:20160120223238j:image

チケット売り場のおばちゃん
「え?3時のバスなんてないない。チェンマイに着くの遅くなるからさ。」

f:id:lila2332:20160120223928j:image

えええー

どのバス会社も2時〜6時はバスを出していないと言うばかり。

なんでバスの時間どの会社も一緒なの!
差別化大事よ!差別化

泣く泣く6時半の便を購入…

しばらく時間があったので、荷物を預けてジャトゥジャクマーケットに行こうとしたら…

チケット売り場のおばちゃん
「あんたたち荷物ここに置いてきな!」

チケット売り場の裏に荷物を置くことに…
誰でも入れるし、すぐ盗める…

危なすぎやろ!

でもね、断るのもアレだったので、預けましたよ。ええ。うん。盗まれたら自己責任だけどね。

荷物のことを忘れるようと必死に努めること数時間

私&友達
「もうダメだ。荷物が心配すぎる。」

2人で意気投合。
これが彼女と初の意気投合であった。

バスターミナルへ急行します!
風の如く!急げ!

あ、さっきのおばちゃん!見張ってて…くれてなさそう
無視して荷物に突進

あったぁ〜!

f:id:lila2332:20160120223856j:image
空も飛べる気分

おばちゃんありがとう〜
疑ってごめんね〜
大好きだよ〜

時間が大幅に余ったからバスターミナルを探検しようと思った

しかし…

バスの運転手のおっちゃん
「え?もうバス出るよ?ほら乗った乗った!」

定刻30分前に出発しちゃった。あじゃぱ…

それからタイヤがパンクします


眠くてうつらうつらしていた時…

"この先右→ガンペーンペット"

そろそろか!寝ている友達を起こす

「ねえねえ、ここガンペーンペット?」
友達「…まだ」

あら、違ったのね…その次の瞬間。

車掌さん
「ガンペーンペットー、ガンペーンペットー」

おい!
君ガンペーンペットに8ヶ月も住んでるのになんで見過ごすんだよ!

慌てて降りました。


ガンペーンペットは素敵な街

バナナが名物なんです。
バナナーバナナー
バナナナー

f:id:lila2332:20160121215700j:image

とっても美味しかったです。
(詳しくはこちらへどうぞ)


帰りは寄り道しないのだ


帰りは夜11時ガンペーンペット発のバスに乗ることに。

10時50分について、バス会社の人にチケットを見せる
11時半発と書かれたチケットに交換させられた

40分暇やん…
(こんな時間に厳しいのは日本人だからかな…)

その後無事バスに乗れる

背もたれの頭が当たる部分が丸くへこんでる!
椅子がなんかふかふか!

今まで乗ったバスの中で1番豪華!でも普通の一等バスだよ!安い!
(VIPバスに乗ってみたいなぁ…)
後で考えたらアレ政府のバス会社じゃないですね。
だから質が良かったのかも…

もちろん爆睡。なんの記憶もありません。
4時前にモチットバスターミナルへ到着。


ここから南部のバスターミナル、サイタイマイバスターミナルへ移動しなくてはいけない

え?どうやってバスターミナル間移動するかって?
うふふ。知らない。

というわけで、バスが着いた場所の側にあるバン乗り場へ

「サイタイマイ行きありますか〜?」
おっちゃん「こっち来い来い!」

乗せられたバンの行き先は
"サムットソンクラーン"
バンコクから2時間南に下った位置にある県

ちょちょちょ、私バンコクから出る気ないよ?

不安になったけど、我慢する
30分ほど経ってバンは出発

ん?なんかに向かってるぞ

"ノンタブリー県へようこそ"

あれ?バンコク出ちゃった?

朝の4時過ぎ、寝不足の頭を必死に回して、記憶の中にあるバンコクの地図を思い出す

(モチットからサイタイマイまでにノンタブリー県通る必要ないよな…どっちもバンコク県の中だよな…)

20分ほど後、見覚えのある景色が。

"サイタイマイバスターミナル"

ついたー!
絶対遠回りしたけど!!

f:id:lila2332:20160120224410j:image
空も飛べる気分again

おっちゃんありがとう!
疑ってごめんね!
大好き!(2回目)


お家に帰るまでが旅行です


降りてすぐに気づいたこと

「バスターミナル開いてねえ…」

そう、扉閉まってました

裏の駐車場のエスカレーターを使い、チケット売り場へ

「チケット売り場開いてねえ…」

そう、窓口閉まってました

時刻は4時半
たくさんの人が窓口開くのを待っている

暇だぜジョニー
f:id:lila2332:20160120224448j:image

窓口が開いたのは6時過ぎ…
しかも受付のお姉さん寝起きで機嫌悪そうだった…
ナンカスミマセン…

無事自分の街までのチケットを入手
出発7時半だったけど!バスターミナルで3時間待ちぼうけくらったけど!

「バス来ねえ…」

バスで寝たくてで、1時間前からバス乗り場で待ってました。
一向に来ません。
出発10分前になっても来ない…

ん?
キターーーーーーーー

そっからは口開けて爆睡でした

街に着いたのは13時半。
そこからお昼ご飯を探しに街を駆け巡ったのは別の話。


書き出して初めてトラブル多すぎることに気づく私。

タイの高速バス=トラブル

この図式は忘れないで。