いつも心にタイスマイル

AFSでタイ留学中高校生の奮闘日記。南部プラチュアップキーリーカンで大自然を満喫中。タイ語くんは最大のライバル。

タイ人がすごく長い名前と適当なあだ名を持つ理由

 

タイ人は二つも名前を持っています。
 
1つは正式名称。くっそ長い。文字の並びも複雑。名前ー名字の順に書かれています。
 
もう1つはあだ名(シューレン,ชื่อเล่น)正式名称とはなんの関係もない、あだ名。しかも物の名前。
 
どちらの名前も生まれた時に親がつけ、一生使う大事なもの。
 
でも、なんで名前2つもあんのよ!面倒くさいじゃん!
 
f:id:lila2332:20160116103217j:image
 
 

正式名称の付け方

昔から貴族は長い名字を持っていました。
しかし平民が名字を持てるようになったのは1913年。ラーマ6世が名字法を出して、国民全員が名字を決めなくてはいけなくなりました。
 
その時、貴族を真似て長い名字にしちゃったとか…
そこ短くていいよ…
 
現在でも貴族の末裔は長い名字を持っています。
普通のタイ人でも長いのに、貴族の末裔は5倍くらい長いから覚えづらいったらありゃしない。(私は5ヶ月間覚えようとチャレンジしていますが...覚えられない...)
 
また名字を決める時に、同じ名字を避ける傾向があったため、
現代でも同じ名字の人に出会う確率はとても低いんだとか…
 
夫婦別姓も認められています。
 
ちなみに普段名前はクラスで出席を取る時くらいしか使いません。
(出席番号は正式名称の名前順)
 
 
名前の例
ニッチクン・バック・ホルベチクル
Nichkhun Buck Horvejkul, นิชคุณ หรเวชกุล
2PMのニックンの本名です。
 
長い…
文字の並びが慣れないし、英語もはやなんて読むのか分からないし…
まじで覚えづらい…
 
改名も簡単らしいです。
でもね、普段使わないけどさ、公式文書とか変えんの面倒くさいでしょ…
 
 
 

あだ名の付け方

f:id:lila2332:20160116103326j:image
 
あだ名は元々ある物の名前をつけることが多いです。
タイ語初心者でも知っているような物の名前や英語が多いです。
 
日本人のように漢字に意味があって、2つの意味を持つ、なんて名前はまずありません
 
名前の例
ションプー(chompoo,ชมพ่อ)ータイ語でピンク
ビア(beer,เบียร์)ータイ語でビール
メイ(May,เมย์)ー英語のMay、5月
 
テキトーじゃね!?って突っ込みたくなることもしばしば
正式名称が長すぎる反動なのか…
 
まあ、テキトーさもタイらしいっちゃタイらしい
 
改名はまずあり得ないそう。普段使うから、周りの人が混乱しちゃうもんね。
 
 
 

結論

f:id:lila2332:20160116103359j:image
 
タイ人の名前で必要なのはあだ名だけです
日常生活でくっそ長い正式名称は使いません
 
あだ名は幸いにも簡単なので、ちゃんと覚えましょう
単語を覚えることにもつながるから便利だよ!
 
 
 
こちらもお読みください