いつも心にタイスマイル

AFSでタイ留学中高校生の奮闘日記。南部プラチュアップキーリーカンで大自然を満喫中。タイ語くんは最大のライバル。

タイの結婚式が日本と違ってなんかフリーダムな理由3つ


先日ホストファミリーの知り合いの結婚式に行ってきました。

夜の5時くらいから、ホワヒンのホテルで。キレイな海を眺めて、夜ごはんを食べながらの式。
バンコクからも、地元からもたくさんの人が来てました

f:id:lila2332:20160104225319j:image
式場の様子


でもね!
タイはやっぱフリーダム!
日本の洗練された(?)空気とは違って、すごくうぇいうぇい感が。

なにがこうもタイの結婚式をフリーダムにさせているのか…

今回は日本とタイの結婚式の差を考えてみます


式の挙げ方


f:id:lila2332:20160104225335j:image


タイでは朝家にお坊さんが来て、式を挙げます
仏教国だから、儀式にはお坊さんが欠かせない

そして夜から披露宴。夜っていうのは肝ですね。夜のテンションだから。みんな。

日本だと式の挙げ方はいろいろ(宗教もいろいろ)
披露宴も昼くらいからが多いのでは?


ご祝儀の額


タイでは1000~1500฿/人が基本
日本円:3500~7000円くらい

日本だと3万円ほどらしいですね
差がすごい…

とはいえタイは物価が安い。かなり安い。
また、日本の方が人間関係に細かく気を使うから高いのかも…?


披露宴なのかパーティなのか


f:id:lila2332:20160104224606j:image


タイ人は結婚式をパーティと考えている
大きな音楽を流して、キラキラした照明を使って、ずんだっずんだっずんだっ
ガヤガヤ騒いで、夜遅くまでノッてくぜ!

お楽しみとして捉えている気が

日本だと、パーティではあるけどちゃんとしなきゃ!って感じがあるよね
儀式の意味合いが入っているから。



※結婚式には個人差があります。私の言うことはあくまで一面ですので。


どちらにせよ、結婚式は幸せの時ですよね。
みんなが幸せな顔が印象的だったな

はあ…私も早く結婚したいなぁ…