いつも心にタイスマイル

AFSでタイ留学中高校生の奮闘日記。南部プラチュアップキーリーカンで大自然を満喫中。タイ語くんは最大のライバル。

タイの高校生の1日〜バンコク編〜


タイの1日って、どんな感じだと思いますか?
ゆるゆる?
いやいや、バンコクはそうはいかないさ。

バンコクの1日は…渋滞うがーーーってとこから始まります。


ちょっと凄すぎる渋滞

私の家はバンコク郊外にあったのですが(イメージ東京都八王子市)
中心部に仕事に行く母は朝5時に車で出かけていました。


f:id:lila2332:20151221210149j:image
この道が朝は車で埋まる


朝6時には渋滞が始まって、7時にはもう動かない動かない…

バス通学で、もし家を10分遅く出たら、学校に20分遅く着く…という状況で…

毎日5:00に起きて5:45くらいに出かけていました。

もし6:10すぎに家を出た日は…悲惨です。
渋滞で動かなくなって…
バスは窓全開で、暑いわガス臭いわ…


学校に着くと、7:45までは外で友達とゆっくりしゃべる(というのもホームルームがないから)

外には風通しの良いベンチや東屋がたくさんあり、そこで友達と過ごしていました。


学校が始まるよ!


7:45から朝礼
全校生徒(5000人弱)で国歌を歌って、
校歌を歌って、仏教のお経を唱えます。

それが終わると先生からの連絡や表彰などなど。


f:id:lila2332:20151221210152j:image
朝礼の様子


先生の話し始め話し終わりには、全員で手を合わせてお辞儀します(ワイ、と呼ばれるものです)
これは年上の人に敬意を払うという習慣から来ています。


8:30からは授業。1コマ50分ですが、コマとコマの間に休憩がないんです。
平然とみんな遅刻します。(先生も含む)

お昼はとても大きな食堂があり、毎日好きなものを買っていました。
全て100円以内。

私の好物はカオマンガイというごはんの上に蒸した鶏肉がのってるヤツでした。

安いぜ!ヘイ!太るぜ!ヘイ!


そして放課後


私が所属していた高校3年生は14:2015:10に授業が終わります。
でも、塾に行く友達もかなりいました。

他の学年はもう少し終わりが遅いです。


f:id:lila2332:20151221210533j:image
学校の7階から


放課後は、かなりの数の屋台が学校の前に並んでいて、お菓子やなにか買うのが恒例でした。
これがまた安いんだよ…

タイは安いから太るんじゃないのかな…

その後は、家に帰って勉強したり、友達と近所のショッピングモールに行ったり…


夜になって


夜は親の帰りが遅いので、外で買ってきたご飯を食べていました。
外で買っても自分でつくるのとさほど値段が変わらないので…
ご飯を買うのはタイでは、特に都市部ではよくあることです。

そして夜は早く、10時前には寝る!(朝早いからね)


いかがだったでしょうか?

バンコク生活は田舎生活と比べて、金がどんどん飛んでいきます。
遊ぶものが近くにあるからでしょうか…

田舎編も後日書こうと思います。

追記:書きました。




でもまあ日本よりずっとゆるゆるですね!

ゆるゆる生活を楽しみたい方はぜひタイへー!