いつも心にタイスマイル

AFSでタイ留学中高校生の奮闘日記。南部プラチュアップキーリーカンで大自然を満喫中。タイ語くんは最大のライバル。

タイは空前の日本食ブーム!日本食チェーンはなぜ流行るのか

 

タイ人が一番好きな外国料理は日本料理です。また、たくさんの日本料理チェーン店がその人気を支えています。

 

JETROが2013年12月にバンコク在住の500人を対象にして行った調査によると、好きな外国料理第一位は日本料理の66.6%。第二位の中国料理の12.8%を大きく引き離しています。

 

今回はタイで人気が高い日本料理チェーン店を紹介し、なぜ日本料理ブームが起きているのかを分析します。

 

1.やよい軒

日本のレストランチェーン、やよい軒のタイ店。タイすきのMKグループが運営を受注しています。タイで最大手の日本食チェーンであり、店舗数はなんと124軒。

 

メニューはお得な定食、弁当、丼、お好み焼きやうどんも...

 

f:id:lila2332:20160317202509j:image

 

日本企業が運営しているだけあって、外人向けにカスタマイズされておらず、日本とほぼ同じ日本食が食べられます。タイ人は豚カツなどの揚げ物が人気な模様。

 

ただ一点。漬物がキムチなんだよなぁ...おいしいけど日本料理じゃないんだよなぁ...

 

価格は一食120~300バーツ(約420~1050円)他店と比べてリーズナブルな価格設定です。

 

2.OISHIグループ

タイ人が1999年に始めた日本食の一大チェーン。OISHI Buffet(日本食ビュッフェ・19店)、OISHI Ramen(ラーメン・57店)、Shabushi(タイ風しゃぶしゃぶ・109店)という3つの大きなチェーンを展開しています。週末では行列ができるほどの人気店。

 

タイ人創設だけあって、タイ人カスタマイズされた日本食ばかり。おいしいラーメンでは、味噌ラーメン、トムヤムラーメン、バジル・スパイシーラーメンなど...日本じゃ絶対食べられない。カスタマイズしたことで、タイ人の日本食に対するハードルを下げたという功績があります。

 

また、セブンイレブンなどで流通する清涼飲料「OISHI Green Tea」を製造しています。ハニーレモン、ライチ、玄米などの味がある甘い緑茶です。

 

価格はラーメンが100~250バーツ(約300~875円)、他2店は約300バーツ(約1050円)

 

3.Fuji Restaurant

60店舗以上を展開する日本食チェーンFuji Restaurant。タイ人経営ですが、OISHIと比べ、日本人の思い浮かべる日本食が食べられます。

 

f:id:lila2332:20160317202817j:plain

by Marijn de Vries Hoogerwerff

 

 

寿司(もちろん日本のようなものではなく、カリフォルニアロールのようなもの)、刺身が他店よりも多いのが特徴です。もちろん普通の定食もあります。

 

価格は150~500バーツ(約525~1750円)似た系統のやよい軒と比べると少し高いです。

 

4.8番らーめん

111店舗を誇るタイ最大のラーメンチェーン。 1992年に進出した日本企業が運営しています。

 

タイ人好みに変えたラーメンもありますが、OISHIラーメンに比べると少な目。味噌ラーメン、塩ラーメン、トムヤムラーメンなどがあります。

 

価格は60~150バーツ(約210~525円)と他店に比べかなり安めです。

 

5.大戸屋ごはん処

言わずと知れた日本食チェーン大戸屋がタイにも上陸。店舗数は48店。現在はフランチャイズを行い、タイの現地企業が運営を行っています。

 

メニューは日本のものとよく似ています。

 

価格は200~400バーツ(約700~1600円)と少し高め。しかし高級路線を目指したことで成功しているそうです。

 

6.カレーハウスCoCo壱番屋

カレーの超有名店ココイチ!タイではFuji Restaurantと提携して、23店舗を構えています。

 

日本のカレーが味わえます。ルーも米も日本製を使うなど、こだわりがあります。また、選べる辛さの上限が高いのもタイならでは。

 

価格は150~250バーツ。高級レストランとしてタイ人に人気だそう。

 

他にも...

吉野家すき屋ペッパーランチ、銀だこ、クロワッサンたい焼きなど、たくさんの日本食チェーン店が進出しています。

 

タイで日本食がブームの理由

1.OISHIや8番らーめんが1990年代から事業を始めている

古くから事業を始め、日本食の敷居を低くしたという功績抜きに、このブームは起きなかったでしょう。

 

2.チェーンの成功がほかのチェーンの進出を招いている

タイはよい市場だ!ととらえ進出する企業が増え、勢いを感じられることもブームの一因です。ただ、タイ人のニーズに合わないと撤退を余儀なくさせられるでしょう。

 

3.米食で、馴染み深いこと

タイではヨーロッパ系料理のチェーンはほとんどありません。米食だという点は大きなメリットです。

 

4.タイという国が親日である

日本という国のブランドイメージが強いタイでは、日本語で書かれたパッケージや、アニメが浸透するなど、身近に日本が広まっています。そして皆親日になっているのです。

 

バンコクと田舎での日本食の立ち位置の違い

2014年6月時点、バンコクには1415店、地方には711店の日本料理屋があります。一体この差はなんなのでしょう。

 

バンコクでは交通機関が発達しているため、友達と遊びに行く機会が多くあります。「友達が食べるなら、私もチャレンジしてみようかな」という連鎖が起きることで、田舎よりも日本食が馴染んでいるといえるでしょう。

 

また、平均給与も地方と比べ高いため、高級路線を打ち出す日本料理を食べやすいという利点もあります。

 

f:id:lila2332:20160317203610j:plain

 

一方の地方。高齢な人はいまだ保守的であり、新しい日本料理に手を出すことをためらっています。外食もほとんど家族と行く機会しかないため、馴染むことは難しいのでしょう。

 

f:id:lila2332:20160317203432j:plain

 

地方に日本食が馴染むのは、少なくとも10年はかかるのではないでしょうか。

 

これからのタイでの日本食

一般的にイメージされる日本食とラーメンが、チェーンとして出店するのは厳しいでしょう。市場は他店にすでにとられています。

 

今後伸びていくと予想されるのは、そばやうどん、お好み焼きといった特定の日本食の店でしょう。

 

タイでもっとたくさんの日本食が食べられたらいいな(´-`).。oO

 

 

こちらもお読みください

lila2332.hatenablog.com 

lila2332.hatenablog.com 

lila2332.hatenablog.com

 

 

留学から帰国後リエントリーショックと花粉の攻撃をうけた件

 

日本に帰ってすぐは、家族や久しぶりの友人との会話で盛り上がっていました。しかしタイから帰国して2週間経ち、日本なんなんだ!嫌だ!タイに帰りたい!という気持ちに襲われます。

 

住み慣れた家に帰ってこれたり、日本食を食べられたり、たくさんうれしいことはあります。でも…なんだか心から喜べない。

 

花粉が飛んでたり、花粉が飛んでたり、花粉が飛んでたり...

 

f:id:lila2332:20160315202242j:plain

 

毎日こんな感じで可愛らしく過ごしています...いや!写真を間違えた!

 

f:id:lila2332:20160315202301j:plain

 

もう花粉症は死活問題なんですよ。周りの目とか女子力とか知らない。

 

まさか日本に帰国しても問題が起きるとは思っていませんでした。今回は私のリエントリーショックを紹介します。

 

寒い

f:id:lila2332:20160315195957j:plain

 

なんで今年の日本はこんなに寒いのかな!?3月なのに6度とかさ、いい加減にしようよ!!南国から帰ってきた人のことを考えようよ!!

 

おてんとうさま早くやってきて!

 

人が多い

f:id:lila2332:20160315195905j:plain

 

街に信号が一つしかないタイのホームタウンと比べて、首都圏のベッドタウンにある今の街。都心の通勤ラッシュの電車で立つ場所すらないなんて…

 

買い物に行っても、ごはんを食べに行っても、行列のリピート。日本の人口密度(世界2位)の凄さを痛感しました。

 

同級生が卒業する

f:id:lila2332:20160315195707j:plain

 

同級生だった高校3年生の友達が卒業しました。ずっと一緒に過ごした仲間なので、一人残されてしまい寂しい気分。

 

ちなみに私は春から高校4年生です。留学中の成績が日本の学校の単位として認定されないので、1年間休学してタイ留学をしていたのです。

 

JK1年延長の特別パスをいただいたようなもの。そのため、19歳になっても制服を着る予定です(←痛い)

 

4月から1つ下の学年に編入するので、新しい友達を作らなくては。先輩留学生曰く、友達作りのコツは席の並びだとか…

 

いや、それ運頼み!

 

海外生活は浦島太郎化をもたらす

f:id:lila2332:20160315201241j:plain

 

昔あるブログ(下記参照)で言っていた言葉です。今の私にぴったり当てはまる言葉。

 

留学している間、日本の友人たちは成長しています。留学生は別の方向に成長しているため、元々の友人たちを見て置いて行かれた気分になることも。

 

知らないことを知れたといっても、取り残されたような。

 

今の私は浦島太郎です。周りとの差や知らない時代の日本に驚いている、浦島太郎。

 

一つの救いは、たくさんのタイの知識を身につけられたこと。自分の核となる「タイ」という分野が見つけられたことは何にも代えられない自慢なんです。

 

ただ楽しい生活を送るのは、やはり違うことなのだと、あらためて思い返されます。今後も、目標が大事。

 

参照

thaisbaby.com

 

まだまだあります

友達が大学デビューの準備をしている

先に行かないで!(悲痛)

 

友達が受験のストレスから解放されている

一人くらい単位落として留年してもいいんだよ

 

ぜんぶ日本語

羽田空港の案内板にすべて日本語が買いてあった時の衝撃といったらもう…

 

時間を守る人々

やっぱり素晴らしい(私は遅刻魔)

 

日本の物価が高すぎる

購買意欲が0になりました。

 

日本のコンビニがタイのセブンよりショボい

タイのセブン美味しかったなぁ…

 

部屋にほこりがたまっている

面倒くさがりで有名な私が大掃除しました。なんたる奇跡。

 

自然がナッシング

無機物ばっかりに囲まれる生活の寂しさ。

 

野菜を食べるペースが上がった

にくーにくーにくー

 

花粉が飛んでいる

やめてくれ

 

 

こんなところでしょうか。やっぱりタイが懐かしいです。もう、花粉が飛んでいる時期だけでもタイに避難したい。

 

f:id:lila2332:20160315200808j:plain

 

ティッシュが友達の生活から脱したくてしょうがない。

 

ただ、ずっと花粉症を毛嫌いしても、懐かしんでいても、先に進めません。きちんと現状を認識して受け止め、先に進んでいかなくては。

 

とりあえず花粉症の薬を飲まねば...

 

待ってろ4月!待ってろ新学年!

 

 

こちらもお読みください

 

lila2332.hatenablog.com

lila2332.hatenablog.com

 

lila2332.hatenablog.com

 

 

タイを歩けばLGBTにあたる。なぜ多様性ある社会ができたのか?

 

タイに行くと、LGBTが多さにびっくりします。コンビニの店員、ガソリンスタンドの店員、学校の先生、百貨店のスマホ売り場などなど。

 

街で行われるパレードはレディーボーイの子の女装が主役になりますし、ダンスもとても上手。バンコクパタヤの歓楽街にはレディーボーイのショーまであります。(ショーとしての質はとても高いそうです)

 

一回でもタイに来たことがある方なら、その圧倒的な多さはご存じでしょう。

 

f:id:lila2332:20160314180109p:plain

 

私の学校のクラスでは、男子9人中4人がレディーボーイまたはゲイでした。みんなフレンドリーで優しくて、普通の男の子より仲良くなれたほど。

 

だから、私はLGBTの人が好きです。知らない土地で困っていた時、優しくしてくれる素敵な人たちだから。

 

けれど、なぜタイにはLGBTがほかの国より図抜けて多いのでしょうか?理由を3つ考えてみました。

 

 タイにLGBTが多い理由

1.西欧からの支配を受けていない

f:id:lila2332:20160314180256j:plain

 

タイは東南アジアで唯一西欧の支配を受けていない国です。西欧の厳格な男女を分ける主義が19世紀まで入っておらず、ほかのASEAN諸国よりもオープンな性意識が残っていました。性的指向におけるタブーが少なかったのです。

 

もちろんその後西洋の概念も入ってきて、タイ社会に少なからず影響を及ぼしています。 

 

2.LGBTが多いから、わざわざ隠す必要がない

f:id:lila2332:20160314180455j:plain

 

LGBTが日常に溶け込んでおり、人々からは当たり前として捉えられています。これはカミングアウトを促進する要因になります。

 

 3.浮気性の男より、一家を支える強い女への憧れを持つ

f:id:lila2332:20160314180752j:plain

 

タイの男は浮気が多い。それはそれは多い。浮気率世界一位という統計もあるほど。その分女性が家庭を支える強い存在となっています。母子家庭も多いです。

 

男の子の中には、幼少期に父親のようになりたいという気持ちがあります。その時に父親が浮気や離婚をしていると、男に関する否定的な感情が心に埋め込まれ、女に憧れてしまうことがあるとか。

 

以上3つが主な理由ではないかと考えました。複合的な要因によって、ほかの国よりもLGBTが増えたのではないでしょうか。一つの理由では説明がつきません。

  

寛容に見える裏で…

LGBTに対し、官庁や大企業の扉は閉まったまま。西洋の価値観を大切にしている人々にとっては、いまだ受け入れられないものなのです。

 

また、LGBT精神疾患と考える人や苦手意識を思っている人は、タイにもいます。LGBTが理由と思われる雇用拒否に対する裁判も起こり始めました。

 

留学中バンコクと田舎の二つの高校に在籍していた私も、身をもって体験しています。

 

頭が良かったバンコクの高校には、南部の田舎の学校よりもLGBTの数が圧倒的に少なかったのです。バンコクの高校ではレディーボーイに対して差別的かと見受けられる発言も聞きました。

 

その理由として考えられることは、バンコクの教育熱心な親の方が西洋の価値観ベースで動いておりLGBTに対して厳しく、生徒のカミングアウトが阻止されているということ。また生徒にも親の考え方が染みついていること。

 

悲しくも近代化と共に、寛容性は無くなっていっています。「西洋式」がすべて正しいとは言えないのかもしれない。

 

 

 

参考文献

(風 バンコクから)LGBT、「寛容さ」の裏で 大野良祐:朝日新聞デジタル

 

 

 

こちらもお読みください 

lila2332.hatenablog.com

 

 

lila2332.hatenablog.com

 

lila2332.hatenablog.com

 

 

留学に向いている性格って?


留学を考える時、ついつい不安になってしまうのが、留学への適・不適な性格。

「こんな私で大丈夫か…?」と考えることもあるでしょう。


f:id:lila2332:20160225160319j:image


今まで見てきた限りだと、高校留学をする人は、概ね2つの性格のどちらかを持っています。(どちらも持っている人もいます)

このどちらかの性格を持っている人は留学に対して適正を持っていると言えるでしょう。



1.全力で楽しみたい!派

・コミュニケーション能力が高い
・協調性を持っている
・常に明るい
・友達が多い
・人としゃべるのが好きだ


f:id:lila2332:20160225160353j:image


これらの性格を持つ人は、家族や友達とすぐ打ち解けられる性格であり、どんな環境でも何とかやっていける力があります。

欲しいと思っても得られない性格なので、コミュニケーション下手としては羨ましい限り…

一方ただ楽しむだけで、学びを勝ち取らずに留学を終えてしまうというリスクもあります。きちんと学びの目標を立てることが大切。



2.違う環境から学びたい派

・目標がある
・視野を広げたい
・自分から積極的に行動する
・何かに集中して熱くなる
・興味のあることを学ぶのが好き


f:id:lila2332:20160225160552j:image


自分を高めようと留学する人たちは、他の国で語学や異文化を広く学ぶことを目的としています。

1の性格がない場合、現地での適応は少し大変かもしれません。その場合は、自分から毎日家族に話しかけるなど、心の中でルールを作るのが良いでしょう。


1の性格は生まれつきによる物が大きいかと思うけど、2は誰でもできること。どっちも持っているに越したことは無いけれど、どちらか持っていれば十分留学適正があると言えるでしょう。

この2つのどちらも持っていない場合、留学するのは少し大変かも。"なんとなく…"では乗り越えられない大変なことがたくさん起こるから。



結論

いろいろ言ってきましたが、どうしても留学したくしたくて仕方が無い!という人は、どんな人でも留学に向いていると思います。

メリット、デメリットを考え、それでもやる気があるのならば、ぜひチャレンジするべき。


事実私はコミュニケーション能力が低い上協調性が無いという、異文化理解に関して絶望的な性格を持っています(笑

大変なことも多かったけれど、多くの学びを得る良い機会だったと自信を持って言えます。相変わらず友達付き合いは下手なままだけどね。


この記事を読んでも不安なあなた。ぜひ留学中絶対達成したいと目標を1つ見つけましょう!
心から達成したい目標があるのなら、十分留学の素質がありますよ。

留学の奨学金制度ってちょっと違うんじゃない?


世に数多存在する奨学金制度。その中で高校留学の奨学金は"留学をする前提"でないと取れないことがほとんどだ。

奨学金に「留学したくても金銭面で悩んでいる人を後押しするため…」などと書いてあると、突っ込みたくなる。

「いやいや、みんな留学のオマケで奨学金もらってるだけでしょ。」


奨学金はオマケ

f:id:lila2332:20160219192303j:image


一般的に高校留学の奨学金を申し込めるのは、留学が決まった後のこと。私の場合、留学合格の書類が送られてきた後に奨学金希望者の募集が行われた。

国や地方自治体などが行っている奨学金制度も、留学のプランが出来上がって、確実に留学することを前提としている。

つまり、留学をするか金銭面で悩んでいたとしても、一度留学の費用全てを払う覚悟をしてからでないと、奨学金にすら応募できないのだ。

私も奨学金を少しばかりいただいているが、おまけとして安くしてもらった、という気持ちが強い。留学資金を全て払う決意をした後に決まった奨学金だから。



奨学金の存在が大きく知られていない

f:id:lila2332:20160219192759j:image


もう一つの問題は、"なんとなく留学したい、けれど金銭面が怖くて夢の夢だと思っている"人たちに奨学金の存在が届いていないことだ。


学校など中高生中心にパブリシティできる場所はある。だが残念なことに、私の場合、自分から探しに行かない限り、情報がまわってくることは無かった。(私の学校が閉鎖的なだけかはわからないが…)

本当に留学を悩んでいる人の後押しをしたいなら、奨学金制度はもっとパブリシティすることが必要だろう。

そこで、私が考えたのは以下のような奨学金だ。


留学決定前に獲得できる奨学金を作り、パブリシティするべき

慶應義塾大学の学問のすゝめ奨学金と、早稲田大学の目指せ都の西奨学金をご存知だろうか?

この2つの奨学金は、入学試験前に申請し、結果が出る奨学金だ。そのため金銭面を心配せずに受験に臨めるというメリットがある。もちろん入学試験に不合格の場合は何ももらあない。

私は、各大学のパンフレットと共に送られてきて、この奨学金を知ることができた。パブリシティも十分であると言える。

留学でも同じような奨学金を作るのはどうだろうか?大まかなプラン作成を行い、提出し、留学決定前に奨学金を獲得する。もし留学が出来なくなったなら、奨学金は与えられない。

学校にパンフレットなどを配り、留学を悩んでいる人向けに宣伝するのも良いだろう。留学に行きたくても、お金が怖くて全く踏み出せない人は多いのだから。


奨学金は必要な人へまわすべき

f:id:lila2332:20160219192316j:image


現在オマケで奨学金をもらっている人が多いのはあまり良いことではないと。お金は本当に必要な人の元へまわすべきである。

そのために必要なのは、安心して奨学金を受け取れる環境と、パブリシティではないか。




こちらもお読みください



タイ国鉄ってどんな電車?


全長4041kmと東南アジア最大級の規模を誇るタイ国鉄。遅い!暑い!なんて評されるけれど、やっぱり乗ってみたいんだよね。

今回は、タイ国鉄はどこを走っている、どんな電車なのかを見てみましょう。

f:id:lila2332:20160219002945j:image



タイ国鉄の路線

北本線

バンコク〜アユタヤ〜ピッサヌローク〜チェンマイ
タイ1番の都市と2番の都市を結ぶ、国鉄の目玉路線。

f:id:lila2332:20160219003347j:image
チェンマイで1番有名なお寺、ワット・プラタート・ドイステープ


南本線

バンコク〜フワヒン〜スラートタニー〜ハジャイ〜スンガイコーロック
南部の主要都市を通り、マレーシアとの国境スンガイコーロック駅まで走る。

f:id:lila2332:20160219003851j:image
スラータニーのラッチャプラパダム


主な支線
カンチャナブリー線
旧泰緬鉄道の一部。カンチャナブリーの景勝地を通る、観光客に人気の路線。

パダン・プサール線
ソンクラーン県からマレーシア北部、バターワースへ向かう国際電車が走る。


東北本線

北線

バンコク〜アユタヤ〜ナコンラーチャシーマー〜コンケーン〜ウドンタニー〜ノーンカーイ
ラオスのターナレーンまで運転する電車もある。

南線

ナコンラーチャシーマー〜ウボンラーチャターニー
北線よりも近隣住民が多いため、本数が多く近代化されている。


東本線

バンコク〜プラチンブリー〜アラヤンプラテート
バンコクから1番近い国境行き。カンボジアまで行く国際電車も走っている。

主な支線

パタヤー線
タイの一大歓楽街パタヤーに繋がっている。



列車の種類

Super Express(特急)

主要都市(県庁所在地など)しか停まらない。日本で言うのぞみ。

Express(急行)

主要都市+田舎の大きめの駅に停車。日本で言うひかり。

Rapid(快速)

中規模以上の駅に停車。日本で言うこだま。

Ordinary(普通)

全ての駅、いや駅のプラットホームがない駅にも停車。本線の端から端までは走りません。途中駅が終点か始発。日本で言う東海道本線鈍行。


ちなみにタイののぞみ、ひかり、こだまは日本で言う地方の普通電車と同じ作りなので、全く速くありません。

f:id:lila2332:20160219004102j:image



電車の乗り方

電車はいつ来るかわからない。早く来たり、時には遅く来たり…

到着時刻の20分前には駅に着くようにしましょう。始発駅から遠い場所で乗る場合は、事前に駅に何時頃到着か問い合わせに行くと良いです。

一本でも乗り過ごすと3時間来ないのは当たり前。1日来ないなんてこともあります。気をつけましょう。

電車はもちろん降りる人優先。1分しか停車しないので、乗り終わったら急いで車両の中へ。

※扉がついていないので、車両と車両の間に立つのはとても危険です。死亡者も出ているので絶対にやめましょう。



タイ国鉄は田舎をガタゴト走るゆったりした電車です!時間があったらぜひ乗ってみてください!

時間に余裕が無かったらやめましょう!遅延とか当たり前ですから!


こちらもお読みください


タイ国鉄の普通電車に近距離乗車してみたよ


バスより遅い!で有名なタイ国鉄。数時間の遅延は当たり前の電車で、長距離を乗る勇気は無かった。そこで、近距離乗車を試みた。

今回はプラチュワップキーリーカン南部のバングサパン(Bangsaphan, บางสะพาน)〜フワイヤング(Huay Yang,ห้วยยาง)間の約1時間、普通電車に乗ってきた。

もちろん酔った。



旅の始まり

バングサパン8:45発ーフワイヤング9:34着に乗車予定で、8:15には駅に着いた。(乗り損ねたら、翌日の同じ時間の普通電車を待つしかないため)

f:id:lila2332:20160216173818j:image
駅舎は可愛らしい赤色


構内放送が入り、電車が9:00到着予定なことが告げられる。やっぱり遅れるのね…

その後チケットを買う(身分証明書が必要だと放送してたけど、使わずに買えたよ)

f:id:lila2332:20160216183538j:image

料金は…
ん?

タダ!!

たったらーん!

普通電車はどこまで乗ってもタダだそうです。スバラシイ!


車内の様子

f:id:lila2332:20160216183626j:image


木又は革張りのボックス席がずらりと並んでいる。先頭にはお坊さん専用の席があるので、座らないように。

f:id:lila2332:20160216173846j:image

途中から行商の人がやってくる。水、コーラ、果物、もち米のお菓子、タイ料理のお弁当などが買えるよ。


f:id:lila2332:20160216173857j:image


お値段は相場よりは少し高め。
でも…美味しい!


f:id:lila2332:20160216173941j:image


特にこのバナナの皮に包まれたガパオライスがとても美味しい!お値段たったの25バーツ(約100円)!近隣でも評判が高いお弁当だそう。たくさんの人が買っていた。


f:id:lila2332:20160216173955j:image

市場でよく見かけるもち米のお菓子も電車で食べれば違う味。


フワイヤングへ到着

着いたぜ!

f:id:lila2332:20160216174117j:image

ここフワイヤング駅は普通電車しか停まらない小さな駅。

1日に停まる電車は上り1本、下り1本。


f:id:lila2332:20160216174145j:image
駅に停まる電車の時刻表…2本しかない


さあ…帰り乗り過ごさないようにしないとな。


帰還するよ

帰りはフワイヤング13:58ーバングサパン15:04に乗車。

あらかじめ電車が1時間遅延している情報を掴んでいた(駅に聞きに行った)ため、15時に駅に到着。

f:id:lila2332:20160216174323j:image
駅には像が計れる体重計が置いてあった。理由は謎。


30分経過…
あれ、まだ来ないな…

50分経過…
おっかしいなぁ…

1時間経過…
…来た!

f:id:lila2332:20160216175223j:image


結局2時間遅れで入線。

帰りは疲れてゴロゴロしていました。進行方向と逆側に座っていたら、酔いました。


時刻表

2016年2月時点の南部の時刻表はこちら。参考としてお使いください。最新のものは駅でチェック!

上り
f:id:lila2332:20160216175137j:image


下り
f:id:lila2332:20160216174915j:image


タイ国鉄の近距離電車はローカル感漂ってオススメだよ(`・∀・´)

でも、長距離電車移動は大変だろうからガンバッテネ(`・∀・´)オススメシナイヨ(`・∀・´)




こちらもお読みください